So-net無料ブログ作成
検索選択

最近のチビミー [ネコ]

19338841933872

すっかり私の足元にスリスリできるようになったチビミー。

「チビっ」って呼ぶとニャーニャー言いながら寄ってきます。

階段を降りる時も、一段降りるとスリスリ、

もう一段降りるとスリスリーーーと続きます。

お陰で階段からこっちが転げ落ちそうになります。


そして、時々、動く足を見て、

パ、パ、パァァァァァーーーーンチと。

ご飯をあげる時も

その手に向かって

パ、パ、パァァァァァーーーーンチと。

手加減を知らないので仕方なく「オリャャャャー」と言って怒ります。

そしたら

「ハッ!!」とした顔して、

いけないことしたのかな??って顔をしてます。

まだまだか細いので、沢山食べて元気に育ってほしいものです。

街で出会ったネコちゃんたち [ネコ]

187127418712691871267

休日は街散歩をしていると


ネコちゃんたちに出会います。


今日であった子たちはみんな親戚?!のようでした。



チビミー [ネコ]

DSCN5277.JPG


すこしずつ慣れてきたチビミーは
女の子だと思っていたのに……。
何かプクッて……付いていた……。
エッェェェェェェェェェェエエー!!



昼下がりの…… [ネコ]

DSCN5126.JPG 
お散歩中に出会ったノラちゃん。
遊歩道の住人だ。
幸せなひとときを共有させてもらいました。


マークンが追っかけたチビねこちゃん [ネコ]

DSCN5119.JPG




写真のネコちゃんは、 最近、我が家の外ネコちゃんに登録されつつある「チビミー」です。
先だって、マークンがこの子を追っかけて玄関から飛び出す羽目になった子でもあります。
「チビミー」はまだまだ赤ちゃんぽくて、多分、女の子みたいです。

どこかミーミに似ていて、 私はミーミの生まれ変わりなんじゃないかと思ってたりもします。
我が家とお隣のお庭のどこかに住んでいるようです。
旦那様もミーミみたいな「チビミー」が可愛くてしかたないようですが、 マークンのワクチン接種もこれからだし、 ミーミの代わりに家ネコにするのはどうかと。
ご飯だけはしっかり食べて、元気な丈夫な子になって欲しいものです。
しばらく遠巻きに見守っていようとおもっています。

ノラ猫 梅雨ちゃん [ネコ]

              

すっかりなついてきた梅雨ちゃんの初お披露目。

シッポがすごーく長いです。


ノラ猫の「梅雨ちゃん」 [ネコ]

         (我が家のマークンとミーミ。7年前)

ガリガリに痩せた「梅雨ちゃん」が来てから、どのぐらい経つだろう。

「つゆちゃん」はオスかメスか判らなくて、

最初はつゆちゃんと勝手につけて密かに呼んでいた。

2,3日前かなぁー

つゆちゃんが階段を降りていく後ろ姿が目に入ると、

何やら丸っこいのがプルプル揺れていた……。

「つゆちゃんは男の子かぁー」

梅雨クンがホントだよねって、またまた勝手に思いながら

やっぱり「つゆちゃん」って呼んでいる。

 

今日、仕事に出かける時

梅雨ちゃんは朝ごはんをペロッといただき、階段のとこでポーッとしてた。

何気なく、梅雨ちゃんの食べ終わったお皿を見てみたら

白い塊がお皿を舐めているではないか。アレレレレレェー

すぐ近くにいる梅雨ちゃんは全く気が付かず、

私が階段下を覗きに行くと、

その白い塊はウサギのごとく駆け出して行った。

「ありゃ、梅雨ちゃんよりも、もっと子猫じゃない……」

 

そういえば5日ほど前、梅雨ちゃんのご飯を確認に行った時、

暗がりから真っ黒い塊が逃げていくのを見たことがあった。

家に居る黒猫のミーミちゃんとそっくりな子。

大きさは多分、つゆちゃんと同じぐらい。

道理でご飯をあげている割に、いつも梅雨ちゃんはお腹を空かしていたから変だとは思っていた。

梅雨ちゃんが、ご飯を毎日食べられるようになったら、

黒猫と白丸もやってきたのだ。

そんなわけで、

3匹はまだまだ子猫なので今日は子猫用のカリカリを2袋、2キロ分飼ってきた。

どの子が食べてもいいように、容器にたっくさん入れて。

お水もたっぷり入れて。

 

黒猫と白丸にはまだ名前はない。

 

 


ノラ猫ちゃん [ネコ]

           

私の住むところはノラ猫ちゃんが結構やってくる。

外猫ちゃんとしてご飯の面倒をみてあげたりするが、

どうも他の子が迷い込んでくると、

違う場所を探すようで代替わりしたりする。

去年は我が家の黒猫が病気になったりしてたので

その間、ノラ猫ちゃんはいなかった。

3日前、仕事から戻ると家の玄関脇から

やせ細った生後3ヶ月弱ぐらいのサバ猫ちゃんが

ヒョロヒョローと出てきて、

私に向かって歩いて来ると

一緒に階段を上ってきた。

お腹を空かしていたのは一目瞭然で

私は家に入ると、

我が家の猫たちが食べずに取ってあったレトルト

取りに行った。

外階段下は

ノラ猫たちがご飯を食べるのには恰好の場所で

そこにお皿に山盛りした缶詰をすごい勢いで食べ始めた。

2日目、その子は夜まで姿を見せず、

我が家の猫が何やら外を気にしていたので、

玄関から顔を出すと、

階段にチョコンっと座っていた。

空腹を1日中我慢していたんだろう。

人間を怖いと思うより、ご飯をもらうほうが先なのだ。

でも、イッチョ前に声も出ないのに、

ちっちゃな声で゛ハァー、シャー゛とか啼いていた。

3日目、今日は1日中家に居ないので、

ネコ缶を置いておき、

帰ってみるとキレイに無くなっていた。

夕飯はカリカリを山盛り置いておいた。

 

大体外ネコちゃんは、3ヶ月から半年すると居なくなる。

律儀な子は新しい餌場を見つけ、そこに落ち着くと、

挨拶しにくる子もいる。

我が家の黒猫2匹も元々ノラだったが

ヒョンなことで家族になった。

出会い方で、ノラを卒業する子もいるが、

ずっとノラで生きていかなくてはならない子もたくさんいる。

ご飯ぐらいお腹いっぱい食べさせてあげたい。

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。